パート薬剤師

薬剤師として患者と触れ合う重要性

トップページ ← 薬剤師として患者と触れ合う重要性

薬剤師の仕事といえば、患者さんの不調を改善する大切な仕事ですよね。その中で、患者さんと触れ合う重要性についてもよく考えておきましょう。

薬剤師はただ調剤をして患者さんにお薬を渡せば良いというわけではありません。

患者さんとコミュニケーションを取ることに不安を感じている方もいるかもしれませんが、一人一人の患者さんとよく話をして意思の疎通を図るということは薬剤師の仕事をする上で欠かせないことだともいえます。


薬剤師として患者と触れ合う重要性やメリット

処方せんに基づいて正しい調剤・処方ができれば良いのでは?と思っている方もいるかもしれません。 しかし、患者さんと触れ合うことにより次のようなメリットが挙げられます。

患者さんの悩みに気づきやすくなる

処方せんには患者さんにとって必要な薬の情報が記載されていますが、何に不安を感じているのかなど細かいことはわかりません。積極的に話をすることにより、患者さんが抱えている悩みなどについても理解できるでしょう。

中には、仲良くなって話を聞いたところ、処方されている薬を飲むと具合が悪くなるということを教えてくれたというケースもあります。


患者さんからすれば医師からもらっている薬だから我慢してでも飲まなければならない…と思っているかもしれませんが、そのような不調を感じているのであれば他の薬に切り替えるなどの対策も取れますよね。

詳しく話を聞いてくれる薬剤師が相手だからこそ悩みを打ち明けられたという患者さんも多いのです。

やりがいを感じやすい

調剤業務の中でもやりがいを感じることができますが、特に患者さんから「おかげさまで良くなりました」、「いつもありがとう」というような言葉を聞くと大きなやりがいを感じるという方も多いはず。

こういった言葉は患者さんと深く接しなければなかなか聞けません。

人を助けるために薬剤師になりたいと夢見て薬剤師を目指す方も多いようですが、特にそういった方にとってはこういった感謝の言葉というのはうれしいものですよね。

薬の服用について正しく理解してもらえる

医師や薬剤師の説明の中でわからない事があったものの、何となく質問しづらかったので詳しく聞けなかったという患者さんもいるようです。

もしも、医師や薬剤師が行った薬の説明について正しく理解しておらず、間違った方法で取り入れたりすると大変なことになります。


薬効について説明するというのも薬剤師の大切な仕事です。一方的に説明をしてしまう薬剤師もいますが、患者さんが本当に理解しているのか、不安に思っていることはないのかをしっかり確認することも重要です。

患者さんにとって話かけやすい薬剤師になれれば気軽に質問もできますよね。コミュニケーション能力を磨くことができれば、患者さんからより多くの情報を聞き出すことができるので、効果的な治療を行っていくことにもつながります。


薬剤師のコミュニケーションスキルを高めるポイント

患者さんと触れ合うことの重要性については理解しているものの、どうしてもコミュニケーション能力に自信がないという方もいるはず。これが原因で薬剤師を辞めてしまう方もいるようです。

現在は6年制薬学教育が行われておりコミュニケーション能力を養うための教育も行われているのですが、それ以前に卒業した方の中には自分のコミュニケーション能力に悩んでいる方もたくさんいます。


そこで、コミュニケーション能力に悩んでいる方のためにコミュニケーションスキルを高めるためのポイントについてご紹介しましょう。

言葉だけで説明しようとしない

文章や言葉だけで説明するのは非常に難しいことです。自分の話したことが患者さんに正しく伝わっているのかということはなかなかわかりませんよね。

そこで、ジェスチャーやアイコンタクトなども取り入れましょう。こうすることにより患者さんにより深く伝わりやすくなります。

質問がないか確認する

患者さんの中には、質問があるものの、自分からは言い出しにくいという方もいます。

そういった方のために、「何か質問はありませんか?」と確認するのがおすすめです。中にはわかったふりをする方もいるので、本当に患者さんが理解しているのかを見極める力も磨きましょう。

専門用語を使わない

薬剤師であれば誰もが知っているような単語だったとしても患者さんには理解できない専門用語がたくさんあります。それを当たり前のように使ってしまうと何を言ってるのかわからない状態になるので、注意が必要です。

学校で長く勉強してくると誰もが知っているような気になってしまう専門用語もあるので、一度自分の行っている服薬指導が一般の患者さんから聞いてもわかりやすいものなのか確認してみてくださいね。


患者と触れ合える職場はどこ?

今の職場ではあまり患者さんと触れ合えないと感じているのであれば、コミュニケーション能力が磨ける職場に転職するというのも一つの方法です。例えば、ドラッグストアもコミュニケーション能力を磨くのに最適とされています。

薬選びに悩んでいるお客さんから直接質問をされることも多いので、コミュニケーション能力を磨きたいと思っている方はドラッグストアもチェックしてみましょう。


他にも薬剤師が働ける職場はたくさんあるのですが、中には就職してからコミュニケーション能力を磨くのには向いていない職場だということに気づき、後悔している方もいるようです。

そういったことがないように、薬剤師専門の求人サイトを利用してみましょう。


求人サイトを利用すればコンサルタントの方が協力してくれるので、自分が求めている職場がどこなのか簡単にわかります。職場の中には実際に働き始めてみないとどのような業務内容を担当することになるのかわからないところもありますよね。

求人サイトには各職場の内部事情まで詳しく知っているコンサルタントがいるので、細かい相談をしながら職場探しができます。

どうしてもコミュニケーションに自信がない場合は…

コミュニケーション能力を向上させるのに効果的な職場についてご紹介しました。ですが、どうしてもコミュニケーションに自信がない…ということであればあまり人と触れ合わない職場を選択するというのも一つの方法です。

実際に、ドラッグストアで働き始めたもののコミュニケーション能力に限界を感じて転職するという方もいます。


そういった場合におすすめの就職先といえるのが、研究や開発職です。研究に没頭する日々なので、患者さんと直接話をするような場面はあまりありません。

また、製薬会社の工場でも品質管理を任された場合にはほとんどコミュニケーション能力は必要ないといえるでしょう。


どの職場を選択すればコミュニケーション能力が必要ないかというのも求人サイトに相談をしながら決めてみてくださいね。

今後の薬剤師に求められる能力

今はコミュニケーション能力が低くても何とかなっているとしても、今後はますます薬剤師に求められるコミュニケーション能力は高くなっていくとされています。

6年制の薬剤師が増えて基本的なコミュニケーション能力を持っている方が業界に入ってくるわけなので、その中でコミュニケーション能力の低い方はどうしても不利になってしまうでしょう。

少しずつでも良いのでコミュニケーション能力を磨き、転職をする際にも不利にならないように心がけたいですね。

まとめ

  • 患者さんの悩みに気づくためにもコミュニケーション能力が必須
  • 患者さんと触れ合うとやりがいも増える
  • ドラッグストアはコミュニケーション能力を磨く職場として最適
  • コミュニケーションが苦手な人に向いている職場もある


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ