パート薬剤師

パート薬剤師が扶養内で働ける年収とは?

パート薬剤師求人 ← パート薬剤師が扶養内で働ける年収とは?



結婚や出産を機に薬剤師を辞め、家庭に入る方は少なくありません。しかし、一時的に離職したけれども、子育てなどが一段落ついた時点で、パート・アルバイト勤務で復職したいという方も多くいらっしゃいます。

幸いなことに、薬剤師の資格があればアルバイトやパートといった雇用形態でも高時給が期待できるため、効率良く報酬を稼ぐことができます。


せっかくパートやアルバイトを始めるのであれば、できるだけ手取りのお給料を多くしたいものですよね。そこで今回は、できるだけ損をしない働き方についてご説明していきたいと思います。


配偶者の扶養内で働くとはどういうこと?



パートやアルバイトで働く場合、よく耳にするのが「配偶者控除」という言葉です。この言葉の意味、皆さんは正しく理解されていますか?

配偶者控除とは、納税者と生計を共にする扶養する配偶者がいる場合、その所得を控除するという制度です。簡単に言うと、配偶者がいる場合は支払う税金が安くなりますよ、といった制度のことを指します。


例えば、配偶者である夫が会社員である場合は、配偶者控除という名目で所得税や住民税の控除を受けることができます。この際、妻は健康保険や介護保険、年金といった社会保険料も、夫の扶養として支払いが免除されています。

しかし、妻の方に一定金額以上の収入があった場合、妻はこの配偶者控除の扶養外となります。この一定の金額として設定されている年間の所得金額は「38万円超~76万円未満」となっています。


この数字をみて「アレ?103万円または130万円ではないの?」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、お給料をもらう場合は雇用形態を問わず、経費として自動的に65万円が引かれている、と考えることが必要です。そのため、配偶者控除を語る場合、前述の金額にそれぞれ65万円を加えた「103万円、130万円」というキーワードがよく使われるという訳です。


この点はややこしいので、あまりこだわらず配偶者控除については「103万円・130万円」という数字だけを覚えておいても問題ありません。端的にいうと、扶養内で働くということは、年収を103万円または130万円に抑えるということを指します。


103万円、130万円の壁ってなに?



主婦の方などがパートで働く際、良く耳にするのが「103万円の壁、130万円の壁」という言葉です。

パートやアルバイトで働いた場合でも、給与所得で年間103万円、130万円を超えると配偶者控除から外れ、所得税が発生したり、健康保険や年金といった社会保険証の支払いが発生したりします。


・一つ目の壁 103万円
パートなどの給与所得で年収103万円を超えると夫の扶養家族から外れるため、配偶者控除が受けられなくなります。となると、所得税が発生することになるため手取額が減ってしまいます。

このことが「働き損」と考えられるため、多くの主婦の方が、夫の扶養内で働く、つまり「103万円以内の年収に抑える働き方」を選択しているというわけです。


・二つ目の壁 130万円
配偶者控除の他に見逃せないのが「社会保険料」です。夫が公務員・会社員の場合、妻の年収が130万円以上になると、妻自身が社会保険料を支払う必要が出てきます。

そのため、妻の年収が130万円を超えるとお給料から社会保険料を支払うこととなり、その結果手取りが一時的に減ってしまうという現象が起きてしまいます。


実は年収が160万円を超えると、手取額は再度増えるのですが一般的にはパート勤務で年間160万円の年収を手にするのはなかなかに困難です。とはいえ、薬剤師の時給であればそれほどクリアは難しくないかもしれません。

子育てが落ち着いて、ある程度長時間コンスタントに勤務できるといった方であれば、夫の扶養範囲・配偶者控除などを気にせず、年収160万円を目指すと良いでしょう。


配偶者控除が廃止されるって本当?



配偶者控除は専業主婦を優遇・支援するための制度ですが、女性の社会進出を促進さることを目的として、この制度を廃止する動きが活発化してきています。

配偶者控除の廃止を念頭においた、共働きの子育て世代を意識・重視した新制度の導入が検討されていますが、早ければこの新制度は2017年1月から導入されるとされています。


「配偶者控除が廃止されるなんて!」と危機感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、制度が廃止されると、妻の年収によって夫の所得税が変わることがなくなるため、103万円・130万円といった壁を気にすることなく働くことができるようになります。

また、2016年10月からはパートやアルバイトなどの短時間労働について社会保険加入の要件(厚生年金の加入条件)が変更となる見通しです。今までは130万円となっていたものが106万円に引き下げられる予定ですので、これからパート勤務を始めるという方は注意しておきましょう。


なお、厚生年金の加入要件は2016年10月から以下のように変更される予定です。

1.週20時間以上
2.年収106万円以上
3.勤務期間1年以上(を見込む)
4.従業員501人以上の企業

これらの基準を満たす場合は、たとえパート勤務であっても厚生年金への加入が必要となるので覚えておきましょう。


パート薬剤師が損をしない為の働き方



前項で配偶者控除の廃止の可能性や厚生年金への加入要件の変更などについてご紹介しましたが、ここでは現状、損をしないための働き方について考えてみたいと思います。

1.配偶者控除をフル活用して働きたい場合

パートなどで年収103万円以内で働いた場合、

・妻自身が所得税を支払わなくても良い
・夫の所得税を計算する際に、配偶者控除を受けることができる

というメリットを得ることができます。つまり、妻の給与収入が年間103万円以下の場合は控除額が最大になるという訳ですね。さらに年収100万円以下の場合は、妻の住民税もかかりません。


2.手取りを減らさないために、社会保険料を支払わずに働きたい場合

年間の給与収入が130万円を超えると、妻自身が自分で健康保険と年金を支払う必要が出てきます。

社会保険の支払い額には地域差・個人差がありますが、平均は年間30万円程度と言われています。例えば、年間150万円の給与収入があったとしても、社会保険料を差し引くと、手取り120万円程度になってしまうということです。この金額はとても見過ごすことができないものですね。

夫の扶養から外れるのは構わないが、社会保険料は自分で支払いたくないという場合は、給与収入を年間140万円に抑えるようは働き方を選択することをおすすめします。


3.130万円以上の年収を実現する働き方をしたい

収入が130万円を超えると、社会保険料の支払いが発生するため、130万円以下の収入と比較して手取り給与が減るという、悲しい逆転現象が起きてしまいます。

実はこの逆転現象が起きるのは「年収130万円~160万円」とされています。(年収が150万円程度の場合、税金や社会保険料の支払いを加味すると年収130万円以下の場合と変わらないケースが多い)


年収が160万円を超えると、税負担や社会保険料の支払いを考慮しても割にあう手取りとなります。つまり、年収160万円以上となると、逆転現象は解消されるという訳ですね。

配偶者控除は必要ない、社会保険料も自分で支払う、しかしできるだけ損をしない働き方をしたいという方は、年収160万円を実現できる勤務先を見つけることを強くおすすめします。


パート勤務の損益分岐点とは?



扶養内でパート・アルバイト勤務する場合、損得を考える基準は以下の通りとなります。

・自分自身で社会保険料や税金を全く支払わなくて済む年収:100万円以下
・配偶者の住民税や所得税が控除される年収:103万円以下
・社会保険料の扶養内で働きたい場合の年収:130万円以下
・扶養の範囲を超えて勤務する場合の損益分岐点となる年収:160万円


扶養内で働ける職場を探すには?

扶養内で働く事ができる職場を探す場合、前述の通り、年収103万円以下で働くことができるかどうかがカギとなります。

しかしながら、薬剤師はパート勤務であっても時給が高く、給与収入が高額になりがちです。結果、扶養に収まる範囲で勤務することが難しいというのが実情だとされています。


例えば、平均的な相場よりも安い時給1800円の職場で、週3日・1日4時間勤務したとします。拘束時間がかなり少ない勤務条件だと思われるかもしれませんが、こういった働き方であっても年収は111万5000円程度となり、103万円の壁は軽々と越えてしまいます。

最近は医療機関や企業などの求人側も、週12時間といった短時間勤務を希望する薬剤師は敬遠する傾向にあるため、扶養範囲内で働くことは想像以上に難しいということを認識しておきましょう。


しかし、求人数は少ないながらも扶養範囲内で働くことができる案件は存在しますので、まずは薬剤師専門の求人サイトや転職支援サイトで情報を収集し、条件に合った求人が出ていないか小まめにチェックしておきたいところです。

また、転職支援サイトなどでは薬剤師専門のキャリアコンサルタントが、希望条件をヒアリングして、条件にあった求人情報を提供してくれる場合がほとんどです。これらのサービスは無料で利用できますので、どんどん活用すると良いでしょう。


まとめ

  • 扶養内で働く事を考える場合、年収103万円・年収130万円の壁について考えることが大切
  • 年収103万円の壁を越えると配偶者控除を受けられなくなる
  • 年収130万円の壁を越えると自分自身で社会保険料の支払いをしなければならない
  • 年収130万円~160万円といった働き方をすると、一時的に手取りが減り働き損となる
  • 薬剤師は時給が高く設定されているため、扶養範囲内で働くのは難しい
  • 扶養範囲内で働くことができる勤務先を探す場合、薬剤師向けの求人サイトや転職支援サイトのサービスを活用すると良い
  • 薬剤師専門のキャリアコンサルタントに求人情報の提供を依頼するのも一つの手である


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ