パート薬剤師

パート薬剤師の勤務状況、ママでも働きやすい?

パート薬剤師求人 ← パート薬剤師の勤務状況、ママでも働きやすい?

パート薬剤師は求人数が多く時給も高めという傾向があります。一見すると条件の良い働き方に感じられますが、実際の勤務状況はどうなっているのでしょうか?

ここではママ薬剤師の仕事と子育ての両立やうまくいくためのポイント、ママでも働きやすい求人先の選び方について詳しく紹介していきます。


パート薬剤師の勤務状況はどうなの?

一般的にパートというと、正社員(正職員)よりも労働時間が短かったり、労働日数が少ないといった働き方を指します。しかし昨今では正規の雇用者と勤務実態が変わらないパートタイマーも増えてきました。

ママ薬剤師が正社員と同じタイムスケジュールで働く場合、子育てと仕事の両立に悩むというケースも見られるようです。


結婚や出産を機に職場を辞め、子育てが一段落したママ薬剤師が仕事に戻る場合も同じような悩みがあります。薬剤師の仕事といえば忙しいというのが常識のため、復職しても子育てと両立できるのかと不安に感じるママ薬剤師は少なくありません。

そうしたママ薬剤師が不安に感じるのが次のような問題です。


子供が急病になったときに仕事を休めるのか?

小さい子供は急に発熱したりお腹を下しやすいものです。幼稚園や保育園に通わせている場合、保護者は子供を引き取りに行かなければなりません。

小学生の子供でも急病なら母親が看病する必要があるため、急に欠勤したり早退する可能性が高くなります。薬剤師の職場は人手不足なことが多く、突然休んだり早帰りできにくいという現状もあって不安になる人も多いでしょう。


子供の夏休みや冬休み中はどうすればいいのか??

気軽に子供を預けられる実家が近場にあれば別ですが、夫婦共働きの場合は夏休みや冬休みといった長期休暇中に子供をどうすればいいのかという問題が発生します。特に夏休みは期間が長いので安心して預けられる先を探すのに苦労しそうです。

長期的な有給休暇が取れる職場なら別ですが、一般的な薬剤師の職場ではむずかしい場合が多いので対処に困ることになります。


子供の園行事や学校行事の日に参加できるのか?

親にとって子供の保育園(幼稚園)行事や小中学校行事は大切なイベントです。入園式や卒園式(入学式、卒業式)は言うまでもなく、授業参観、保護者会、遠足、夏祭り、運動会、学芸会などにもぜひ参加したいと考えるママは少なくないでしょう。

これらの行事すべてに参加するとなると、仕事を休まなければならない日が増えそうです。


子育て中のママが薬剤師として働いていると、急な欠勤や遅刻が増える可能性が高いのは上記のような理由があるためです。さらに子供の幼稚園や保育園、学校などの長い休みに合わせて自分が長期休暇を取れないのは言うまでもありません。

ママ薬剤師が不安に感じているのもこうした点で、仕事に戻る決断が付きにくい理由のひとつにもなっています。


仕事と子育ての両立、うまくいくためのポイントは?

ママ薬剤師で子育てをしながら仕事を持って働いている人はたくさんいます。そんな先輩薬剤師がどのような働き方をしているかが分かると、仕事と子育てを両立するためのヒントが見えてきます。

次に先輩たちも実行している、ママ薬剤師が仕事と子育てをうまくいくためのポイントを紹介していきましょう。


フルタイムのパートは避ける

子供が小さいうちは正社員や正職員ではなく、パートタイムとして働くのが適しています。ただしフルタイムのパートは避け、出勤日数を週3~4日程度にしたり、勤務時間を日に5~6時間程度に設定できる求人先を探すとうまくいきます。

出勤しない日が半分あるので子供の園や学校行事に出やすくなったり、夏休みや冬休み中もスケジュールのやり繰りがしやすくなります。また勤務時間が5~6時間以内なら、子供の急な体調不良にも対応しやすいので安心です。


長期の夏休み対策は保育園で

仕事と子育ての両立で悩みの種になるのが、長期間子供が休みになる夏休みや冬休みです。幼稚園は夏休み1カ月、冬休み2週間、春休み2週間というのが目安になります。

この期間の子供の預け先に当てがない場合は、幼稚園ではなく長期の休みがない保育園(保育所)を選ぶという方法があります。ただし、幼稚園でも長期の休み中に預り保育を実施しているところが増えていますので、これも選択肢に入れてみてください。


休暇申請は早めに申し出る

薬剤師の職場は人手不足のところが多いため、子供の園行事や学校行事のための休暇申請を早めに行なうという方法も効果があります。行事予定は年度の初めにいち早くチェックし、かなり前からでも構いませんので上司に申し出ておきましょう。

もし、あまり早く申請するのはむずかしいという場合でも、「○月○日に卒園式があるので…」というように上司や同僚にさり気なく日程を説明しておくと休暇が取りやすくなります。


早退・欠勤の連絡はできるだけ早く

職場では仕事やシフトの都合があり、突然早退されたり欠勤されると周囲の人は困るものです。子供の体調不良や急病で止むを得ず早退や欠勤する場合は、可能な限り早く連絡を入れるようにしましょう。

少しでも早く連絡を入れておけば、アルバイトやパートの人にシフトを替わってもらいやすくなります。日頃から同僚が早退・欠勤するときにシフトを替わってあげるなどしておくと、相手も快く協力してくれるので助け合いの気持ちを大切にしてください。


いざというときは有給を活用する

常々どんなに準備をしておいても、急に休まなければならないときもあります。突発的な用事で職場を休まなければならないときは有給休暇を活用しましょう。いざというときに備えて、有給を溜めておくというのも効果的な方法です。

必ずしも有給だから安心して休めるというわけではないものの、欠勤するよりも休みが取りやすいのは確かです。あまり気を使わずに取得できる休日とて有給を活用してください。


ママでも働きやすい求人先の選び方

ママ看護師が子育てと仕事を両立させるために、働きやすい求人先の選び方をまとめてみました。


1.従業員の少ない職場を避ける

薬剤師の主な職場としては病院やクリニック、調剤薬局、ドラッグストアなどが挙げられます。いずれの職場にせよ、薬剤師や従業員の少ない職場は避けるべきです。人手不足の職場では休みが取りにくく、遅刻や早退も許されにくい場合が多いからです。

従業員が多い求人先は融通が利くことが多いので、急な休みも取りやすいというメリットがあります。


2.ママ薬剤師が多く育児に理解がある

子育て中のママ薬剤師が多い職場は、育児と仕事の両立に理解があります。「子供が発熱したから」「卒園式や卒業式があるから」と言っても、理解のない職場では説明するだけでも手間が掛かるものです。

その点、ママ薬剤師が多い職場は事情を理解してもらいやすく、何かにつけてもサポートしてくれる傾向があります。


3.残業や土日祝日の出勤が少ない

子供の園行事や学校行事は、一部を除くと平日に行なわれるケースが多く見られます。また、残業が少ない(もしくはほとんどない)職場を選ぶと子育てがしやすくなるだけでなく、いざというときにも困りません。

土日祝日の出勤や残業が少ない求人先なら、仕事と子育ての両立もしやすくなるというわけです。


4.職場内に託児所(施設)がある

最近では病院やクリニック、大手ドラッグストアなどでは院内託児所や社内託児所を設けているケースが増えています。こうした託児施設がある求人先なら出勤時から退社時まで子供を預けられるだけでなく、子供が急に体調不良になったときにも対応しやすいので便利です。


5.勤務先までの交通の便が良い

働くママ薬剤師にとって、職場の立地条件は重要なポイントです。自宅からの交通アクセスが良い、子供の幼稚園や保育園が乗り換え駅や沿線にある、仕事帰りに買い物がしやすい等の条件が整っていると子育てと仕事を両立しやすくなります。

ママ薬剤師で子育てがしやすい求人先を探したいなら、看護師専門の転職支援サイトを活用するのがオススメです。

こうしたサイトを利用すると求人先の詳しい情報を事前にチェックすることができるだけでなく、ママ薬剤師が働きやすい非公開の求人を紹介してもらうことができるので、ぜひ一度試してみてください。

<パート薬剤師の勤務状況、ママでも働きやすい?のまとめ>

  • ママ薬剤師は子供の急病などで休むことも多い
  • 子供の園行事や学校行事で休暇を取る場合もある
  • 子育てと仕事の両立には求人先選びを工夫するといい
  • 勤務日数や時間の少ないパート先を選ぶと効率的
  • 人手不足の勤務先は避けママの多い求人先を選ぶ方法も
  • 職場までの交通アクセスや便利さにも注目しよう


 薬剤師パートに強い求人サイトは?

このページの先頭へ